手書き図

手書き景観パースや建築に関連する話題を掲載していきます。

手書き景観パースや建築に関連する話題を掲載していきます。

作品展終了。おしまい!

8/28~9/2まで6日間の会期で開催した『手描き透視図展』は昨日無事終了しました。
展示した作品は4人で43点。入場された方の目を引けばいいな と住宅模型や透視図法のイメージパネルも展示しました。
構想から開催まで2年弱、この間に自分が描いたパースやスケッチは60カット以上になりました。長いようで短い準備期間、開催した6日間もあっという間に終わってしまいました。
紆余曲折、いまだモヤモヤしてすっきりしないところもありますが入場していただいた方は延べ8,192人。こんなに大勢の方の目に触れてもらいました。
風景画と透視図は何がちがうの? とか、手描きってどういうこと? どうしてすっきり見えるの?・・・等々、一般の方には分からなかったり不思議だったりすることがたくさんあることを知りました。
この作品展が楽しい旅の1風景となって記憶に残こったり、子供たちや若い人たちの心に何らかの刺激になっていれば嬉しいです。このような機会を得たことに感謝です。
次回があるかどうか・・・?
ちょっと時間を空けてメンバーで話し合い、また開催することになればその時期に再開しようと思います。
おしまい!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。